オルソケラトロジーの副作用

オルソケラトロジーの副作用

オルソケラトロジーの視力回復方法を実行するうえで副作用というのはあるのでしょうか。

オルソケラトロジーの副作用

オルソケラトロジーは、レーシック手術などと比較して、リスクが少ない視力回復方法と言われています。理由としては、オルソケラトロジーレンズを使わなくなれば、角膜が元に戻る可逆性という性質を持つことが挙げられます。

どんなに不具合があっても、利用しなければ元の状態に戻るということです。

しかし、それでも心配になるのが副作用というものです。考えられるオルソケラトロジーの副作用というのはあるのでしょうか。

角膜にキズがつく可能性

通常のハードコンタクトレンズと同じように、無理な装用を設定されている時間以上に行うと角膜に傷がつく可能性があります。

炎症を起こす可能性

通常のハードコンタクトレンズと同じように、無理な装用を行うと角膜に傷がつく可能性があります。

アカウントアメーバなどの感染症

通常のハードコンタクトレンズと同じように、十分に洗浄しない状態、こすり洗いをしない状態で、装用すると角膜感染症になってしまう可能性があります。

夜間グレア

明るいところでははっきり見えるのに、暗いところでは光がにじんで見えるなどの現象

残余乱視

乱視が強い人は、残余乱視と言って一時的に乱視が強くなった感じを受ける

まとめ

上記のように一般的なハードコンタクトレンズを利用した場合に考えられるような副作用というのは可能性としてあるようです。これらは正しい使用法を守っていれば、発生する確率も最小限にすることができるので、正しい使い方、コンタクトレンズケアを行うことがオルソケラトロジーの副作用対策で重要なポイントと言えます。