オルソケラトロジーの医療費控除

オルソケラトロジーの医療費控除

オルソケラトロジーは、所得税を減らすことのできる医療費控除の対象になります。

医療費控除とは

医療費控除とは、自分もしくは同居する家族の医療費を支払った場合、所得税や住民税から控除される制度のこと。ちなみに医療費控除は、確定申告をする必要があります。サラリーマンの方でも会社の源泉徴収では控除が適用されないため、別途確定申告時に医療費控除に関連する書類を提出する必要があります。

オルソケラトロジーも医療費控除の対象

オルソケラトロジーは、角膜を矯正して視力を回復させる治療の対価として支払われるものであるため、医療費控除の対象になると国税庁のウェブサイトにも記載されています。これはレーシック手術も同様ですが、メガネや通常のコンタクトなど、近視や遠視などのために日常生活の必要性に基づき購入されるものは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはならないのです。

つまり、税金面から見ても、コンタクトレンズよりオルソケラトロジーの方が治療として判断されるため、お得になるということです。

オルソケラトロジー対応 注目のクリニック

新宿近視クリニックのオルソケラトロジー特徴


  • 経験豊富な眼科専門医を数多くそろえている
  • レーシック部門での2012年オリコン顧客満足度1位
  • 2年目以降はコンタクトレンズよりも少ないコスト負担
  • 新宿院、銀座院、横浜院、大阪院と主要都市での診察が可能
  • ウェブサイトから無料の検査予約が可能

経験豊富な眼科専門医を数多くそろえ、レーシック部門での2012年オリコン顧客満足度1位を誇る実績十分の眼科クリニック。2年目以降はレンズ代52,500円と定期健診だけなので、コンタクトレンズの購入費用よりもコストパフォーマンスが良い

詳細はこちら
 

現在地: トップ オルソケラトロジーとは オルソケラトロジーの医療費控除

オルソケラトロジー費用比較

視力回復方法試算条件1年目5年目10年目
メガネ費用2年半ごとに3万円のメガネ購入3万円9万円15万円
コンタクトレンズ費用1day片目2,800円/月
定期検診3ヶ月ごと3000円で計算
7.92万円39.6万円79.2万円
レーシック費用レーシック10万円~40万円
定期検診3ヶ月ごと3000円で計算
10万円~40万円16万円~46万円22万円~52万円
オルソケラトロジー費用初回15万円、レンズ交換5万円3年に一度試算
定期検診3ヶ月ごと3000円で計算
16.2万円27万円43万円

オルソケラトロジー動画紹介

オルソケラトロジーとは

最新記事

オルソケラトロジーの副作用 オルソケラトロジーの視力回復方法を実行 [ ... ]

オルソケラトロジーも医療費控除の対象になりますか? Q.オルソケラ [ ... ]

オルソケラトロジーの副作用はある? Q.オルソケラトロジーに副作用 [ ... ]

たった30分で視力が0.2から0.8に 新潟市の眼科のオルソケラトロジーの記事 [ ... ]

オルソケラトロジーは未成年が57% オルソケラトロジーの利用が増加して [ ... ]

    よくある質問

    オルソケラトロジーも医療費控除の対象になりますか? Q.オルソケラ [ ... ]

    オルソケラトロジーの副作用はある? Q.オルソケラトロジーに副作用 [ ... ]

    オルソケラトロジーは昼間に装用しても問題ないでしょうか? Q.私の [ ... ]

    オルソケラトロジーのレンズは睡眠中にずれたりしないの? Q.オルソ [ ... ]

    オルソケラトロジーって一回でもコンタクトをつけるのを忘れると、視力 [ ... ]

      もっと見るよくある質問