オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、一体何なのでしょうか?最近テレビに登場する回数も増えてきたオルソケラトロジーについて解説します。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、視力回復コンタクトレンズ、近視矯正コンタクトレンズともいわれる治療(角膜矯正療法)のことを指します。近視を矯正させるためのカーブがかかったハードコンタクトレンズを睡眠時などに装用することで、角膜を正常な形に戻し、視力を回復させる治療法です。

噛み砕いていえば、視力を元に戻すために、角膜の角度を矯正するコンタクトレンズといえるでしょう。寝ている間に視力が回復することから、最近では注目度が高まっています。

登場したのは1980年代後半。アメリカをはじめ、欧米では一般的な治療方法のひとつになっており、アメリカでは120万人以上が利用しているといわれています。

しかし、このオルソケラトロジーに利用されるハードコンタクトレンズは、薬局で売っているわけではなく、患者さんの角膜の状況によって個別に作られるオーダーメイド方式のコンタクトレンズなのです。睡眠時に装用されるため、通常のコンタクトレンズよりも、酸素透過性が高くなっています。定期健診を受けながら、このオルソケラトロジーのレンズを継続的に使用すると視力が安定的に高い状態を保つことができるのです。